髙橋海人

髙橋海人はサッカーが得意?愛用の香水は?ファンレターの返事はくる?

髙橋海人はサッカーが得意?愛用の香水は?ファンレターの返事はくる?

髙橋海人さんは1999年4月3日生まれ、現在20歳の神奈川県出身のアイドルです。

ジャニーズの人気アイドルKing & Princeのメンバーの1人としてその名を轟かせ、今や日本を魅了する人気アイドルの1人となりました。

幼少期より習っていた得意のダンスは2008年に組まれたグループにてダンスコンテスト静岡予選で優勝、その後も1年間で10回以上もの好成績を収められています。

2010年には、バックダンサーとしてあのSMAPの5大ドームツアーに参加された経験もあります。

ダンスパフォーマンスは見事なもので、他のメンバーをも凌駕します。

ダンス技術もさながら、漫画家としての才能も発揮されています。

2018年に漫画家のインタビューを経て漫画を学び、技術を自分の物にされ、2019年には小学館のコミック「ベツコミ」にて14ページの書き下ろし漫画「僕のスーパーラブストーリー!!〜王子と男子は紙一重!?〜」にて少女漫画家デビューも果たされました。

多岐に渡り才能を開花されている髙橋さん、サッカーが得意との話がありますが、果たしてその真相は?また、愛用の香水、ファンレターの返事についても掘り下げて調べていきたいと思います。

髙橋海人はサッカーが得意?


髙橋さんの代表作、2018年秋に日本テレビの深夜枠で放送されたドラマ「部活、好きじゃなきゃダメですか?」は、サッカー部を題材に男子高校生の日常を描く青春コメディドラマです。

サッカーシーンももちろん有り、King & Princeのファンの間では評価の高い作品として今もブルーレイやDVDを見返す方も多いそうです。

King & Princeのメンバーである神宮寺勇太さん、岩橋玄樹さんとのトリプル出演でも話題になりました。

髙橋さんの演技力が評価されたのはもちろん、作品自体も良作だと隠れた名作となりました。

髙橋さんの演技の中には、もちろんサッカー部としてのサッカー表現がありました。

髙橋さんが務められた西野という役はサッカーが好きだけどサッカーが苦手だというキャラクターで、その個性的な役柄も見事に演じられました。

そのキャラクターが感じる「苦手」を演技を通して表現するのはとても難しいことだと思います。

まず、その事柄に対する基礎が出来ていないとなかなか演技では出ないのではないでしょうか?今回は、その「サッカー」が苦手な役、サッカーの基盤がしっかりないと演技ができないと思います。

つまり、髙橋さんはサッカーについてのセンスは良かったのではないでしょうか?あのダンステクニックの持ち主ですから、体を動かすことに対しては難なくこなせるのかもしれませんね。

髙橋海人の愛用香水は?


髙橋さんの愛用の香水は、ブルガリの香水なんだそうです。

詳細情報は出てきませんでしたが、ブルガリにも沢山の種類があるのでいくつかご紹介したいと思います。

まず、1番人気の商品である「プールオム オードトワレ」というものです。

こちらは男性にとっては定番のアイテムなんだそうで、1995年に発売してから長きにわたり人気の商品なんだそうです。

癖のない爽やかな香りで、万人受けするようです。

次に「ブラック オードトワレ」という商品。

こちらは髙橋さんのイメージに合いそうな甘いバニラの香りにレザーの苦味があり、深く香る香水なんだそうです。

髙橋さんの優しい雰囲気に、男らしい部分に、何だかイメージが合うと思いませんか?最後に「オ・パフメ オーテヴェール」という香水。

こちらはブルガリの始まりとなった香水だそうで、グリーンティーベースのみずみずしい香りなんだそうです。

ユニセックスの商品なので、女性にも使えるそうです。

ブルガリの商品だけでも多数の香水が存在するので、髙橋さんのイメージに合ったものを想像するだけでも楽しいですよね。

髙橋海人からファンレター返事は来る?


現在、日本のトップアイドルまで上り詰めたKing & Prince。毎日数えきれないほどのファンレターも受け取っていることと思います。

髙橋さんが入所当時、まだファンも数少なく、無名のJr.時代に一度だけファンレターに返事を書いたことがあるそうです。

「いつも応援してくれてありがとう。これからもよろしくね」といった何ともファン思いなメッセージ。

レスポンスがあると、やはり嬉しいものですよね。

現在も、ファンレターにはきちんと目を通されているそうで、髙橋さんだけでなく、King & Princeのメンバーはファンに対する愛情が深いアイドルグループとしても定評があり、メンバーはきちんとファンレターを読んでいるそうです。

今はお仕事も忙しくなり、返事こそはできない状況にありますが、今でもやはりファンレターは嬉しく思っていると語られています。